ガレキ選別の効率を上げるなら専用機材を導入しよう

ルールに則って正しく廃棄

解体工事

地球にも人にも優しい仕事

全ての廃棄物・ゴミは分別して捨てる必要があります。なぜならば、それぞれの廃棄物によって処分方法が異なることや、処分作業の安全確保など理由はさまざまだからです。ガレキにも同じことがいえますが、大量処分や排出が当然のガレキを種類ごとに分類するのは非常に難しく大変に時間のかかる作業です。自治体によってガレキ選別の方法も異なれば、処分方法も違うため、いくつかの地域で作業をする場合には分別方法を正しく理解する必要もあり、さらに時間が必要でしょう。そうした問題をクリアしてくれるのがガレキ選別の業者です。業者の場合こうした知識が豊富なだけでなく、選別専用の機械をいくつか所有しているケースがほとんどです。人間の手で作業するよりも効率的かつ安全に作業を進められるため、ガレキ選別は業者に任せたほうがメリットも多いといえます。一般的に、ガレキ選別業者が必要とされるシーンとしては工事現場や解体現場などが例に挙げられますが、地震や土砂崩れなどの自然災害現場、火事などの災害現場などでも活躍しているといえるでしょう。瓦礫の種類がさまざまあるだけでなく、その大きさもまちまちなので、大型機械によって粉砕したり細かく砕いて処分することもあります。逆に非常に小さい部品やまだ使用できるパーツを探しながらの瓦礫選別になることもあり、こうした作業は細かな感触や違いを感じ取れる人間でなければできない作業です。ガレキの選別といっても、このように作業は多岐にわたるため、詳しい知識を持ち作業に精通した業者に依頼する業者・企業が多いといえるでしょう。