ガレキ選別の効率を上げるなら専用機材を導入しよう

処分にかかる費用

解体工事

一般ごみの処分については、各自治体で処分の仕方が決まっています。家の解体などで出るガレキは、どのように処分するのでしょうか。ガレキといっても、その材質によって、それぞれ処分の仕方が異なってきます。そのため、ガレキ選別が必要になってくるのです。家などを解体している様子を見ると、一見無造作に崩していっているように見えますが、実はその後のガレキ選別がしやすいように、考えられて解体が計画されていることが多くあります。ガレキ選別は、危険な作業になりますし、人手も必要になりますから、業者でも、重機やベルコンベアーのような機械を導入しているところもあります。機械を使うことで、ガレキ選別が効率よく進みますし、人手も少なく済みます。家の解体などの場合には、施工会社がガレキの撤去を行うことがほとんどですから、あえて業者を選ぶ必要はありません。ですが、震災や水害などの災害が起きた時にも、このがれき選別が必要になってくるのです。災害によって出たガレキは、そのまま処分場に持って行っても、受け入れてもらえないことがあります。選別をして持ち込む必要がありますが、やはり危険な作業ですし、人の手では時間も労力もかかりますので、業者に依頼する方が良いでしょう。災害後は、重機のレンタルなどが増加したり、人手が足りなくなったりする為、ガレキ選別の費用が平常時の相場よりも高騰してしまうことがあります。一つの業者で決めず、何社かに見積もりをとって、より良心的な価格で請け負ってくれる業者を選びましょう。