ガレキ選別の効率を上げるなら専用機材を導入しよう

リサイクルするのが一般的

おもちゃ

産業廃棄物廃棄は業者へ

建設現場では、建物を造ることも行いますが、逆にすでに建っている建物を壊すこともよくあります。その際に出る産業廃棄物としてコンクリートやガラス・木片などが一般的にがれき類と言われるものです。がれき類の産業廃棄物が出た場合は、リサイクルするのが一般的で、ガレキ選別を行う必要があります。産業廃棄物の廃棄方法は法律があり、ガレキ選別するためには廃棄物処理法に基づき選別しなければなりません。産業廃棄物の廃棄やガレキ選別は専門業者に委託して行います。廃棄物処理法の条文には「工作物の新築、階層又は除去に伴って生じたコンクリートの破片その他これに類する不要物」と規定があり、ガレキ選別ではコンクリート・セメント・石・砂利・アスファルトなどをリサイクル用に選別することを行います。ガレキ選別や産業廃棄物処理にかかる費用や業者の選定などは、インターネットサイトにてたくさんの業者が掲載しています。その中には料金表もあるため、大体の料金などもわかりやすくなっています。リフォーム工事などで出るがれき類は建設廃棄物に該当し、一般のごみに出すことは厳禁です。建設廃棄物は許可を取った処理業者に依頼し、適切に処分することが重要です。法律によりガレキ選別し廃棄物を処理する業者には許可が必要ですし、さらにその廃棄物を処理業者へ運ぶ際の運搬業者も許可を持った業者でなければならないと定められています。不法投棄などはもってのほかでとても厳しくなっています。