ガレキ選別の効率を上げるなら専用機材を導入しよう

ルールに則って正しく廃棄

解体工事

自然災害の現場や工事現場などで大量にガレキがある場合、処分するためにはガレキ選別をする必要があります。分類や破砕のためには特殊な機械が必要になりますので、詳しい知識と経験を持っている業者に依頼すれば安全かつ迅速に作業が進められるでしょう。

リサイクルするのが一般的

おもちゃ

新築やリフォームなどで出たコンクリートなどのがれき類は、許可を取っている業者へガレキ選別から処理・運搬まで依頼するのが一般的です。ガレキ選別でリサイクルできるものを選別し、適切に処理することが法律で決められています。

ガレキの処理は重労働

産業廃棄物

選別機を使って効率アップ

建造物の解体や災害時に大量に出るガレキは、そのまま廃棄する事は出来ず、法律で定められている通りに、種類別に廃棄する必要があります。その為、ガレキ選別は重要な作業で、以前は手作業で行ってきました。しかし、膨大な量のガレキを手作業で行うのは困難で、労力や時間、コストがかかり、作業の効率が悪くなります。そこで、最近ではガレキ選別機が開発され、幅広く使用されています。現在主流の選別機は回転式と振動式の二種類で、その特徴を理解して使用する事は、現場の作業効率を改善するのに大きなプラスとなります。回転式は、円形ドラム型や六角ドラム型があり、ドラムの回転力を利用してガレキの大小を選別します。ガレキを回転によって跳ね上げ、落下させる事で選別網でふるいにかけるという仕組みです。しかし、振動式よりも多くのガレキを処理する事が出来ますが、目詰まりしやすいという注意点もあります。振動式は、長方形の振動体に選別用の網が取り付けられていて、振動によってガレキをふるいにかけます。選別量は回転式より少ないですが、目詰まりしにくいのが特徴です。どちらの選別機も長所や短所がありますが、現場のガレキの量によって使い分けるのが普通です。また、この他にも比重式や風力式のガレキ選別機が開発され、これからさらに作業効率の改善が期待されています。ガレキ選別は、地球環境を守る為にも重要な作業です。リサイクル出来るものはして、環境破壊に繋がるものはしっかり分別して廃棄する事は、当然の義務と言えます。

処分にかかる費用

解体工事

家を解体する際などに出たガレキは、ガレキ選別され、処分場に向かいます。ガレキ選別は危険を伴う作業であり、また人手の必要な重労働です。そのため、業者では重機などの機械を導入しているところが多くあります。震災などの際はガレキ選別の価格が高騰することがありますので、何社かに見積もりをとって選びましょう。